社員インタビュー

インスパイアの看板娘
真心込めて採用いたします。

佐々木 涼花 SASAKI RYOKA

人事採用部 一般社員

  • どんな会社を探していた?

    初めのうちは、興味のある仕事ができる会社をマイナビ、リクナビでひたすらに探していました。 ですが、就活をしていくうちに、働く環境も大事だと気付きました。自分自身の働きやすい環境とは何かを考えた時に、 私は社内の雰囲気が良い(上司と部下の関係性や風通しの良い)会社だなと思って、会社説明会に行って、自分の目で実際に見て確かめることを就活中は意識していました。
  • インスパイアの第一印象

    最初はお堅い印象がありました。 ですが、最後の座談会の時に社員の方が場を盛り上げてくれたり、社員さん同士のやり取りを見ていた時に、いい意味でその印象は消えました。 私が履歴書に書いた『焼き鳥を焼ける』という特技に突っ込んでくれた人事の方も、布沢さんだけだったので今では思い出深いです…笑
  • 入社を決めた理由

    一言で言うと、「人」です。 最終面接前に面談をした時に、布沢さんの人材事業や採用に対する考え方や思いを聞いて、とても共感しました。 私も布沢さんとインスパイアで一緒に働きたいと思いました。また、新規事業の立ち上げということで、新卒では中々できない経験だなと思いました。 事業、組織を作ることに加わることができ、 立ち上げのことを人に話せることは、私の自信にも繋がるなと思いました。もちろん、一から作ることはものすごく大変なのは理解しています。 ですが、色々模索しながら一緒に働く仲間となにかを作っていくことはワクワクするなと感じ、入社を決めました。
  • 学生時代の自分

    今振り返ってみると、 何事にもやるからには責任をもって最後までやっていたなという印象です。 サークルに、学祭実行委員祭、アルバイトどれも手を抜かず最後までやりきました。 特に、アルバイトに関しては大学1年生から4年間居酒屋でしていました。途中からは店長が休みの日には、店長代理としてお店を営業したりと責任のある仕事を任され、アルバイトで得られた経験はたくさんあります。就活中、アルバイトの話をしている時に、社員の方に「バイトの話している時、目キラキラして話してるね」と言われたことも何度かあります…。 中途半端にしたくないという気持ちがあったからこそ、 サークル、学祭実行委員会、アルバイトの3つをやり遂げ、充実した学生生活を送れましたし、たくさんの人に出会えた大学4年間でした。
  • 好きな言葉

    「なるようになる!」
    何もやらないで後悔するよりもやって後悔した方がいいと私は思っているので、とりあえずやってみることを意識しています。「なるようになる!」と常に思っているからこそ、できる行動だと思います。就活中もこの言葉を言い聞かせて、最後までめげずにやりきることができました。
  • 将来どうなりたい?

    「佐々木さんと一緒に働きたい」と思わせることができるような人材になることが目標です。 私は就活中、一緒に働く人を重視していました。インスパイアに入社を決めた理由がこの人と働きたい。だったからこそ、次は逆の立場になって、誰からでもそう思われるように努めていきたいです。インスパイアを拡大させる為に、これからも私にしかできない採用活動していきます!
TOP